【子どもイベント】さつまいもほり名人の子どもたちと、美味しい塩むすび。

 

飯地高原の見晴らしの良いさつまいも畑で、今年も子どもたちがさつまいも掘りをしました。

親子が中心の、このさつまいもイベントも今年で4回目。

地元の方の畑の一角をお借りして、毎年サツマイモの苗植えをさせていただいています。

 

第1回目のサツマイモ掘りの写真をみると、赤ちゃんだった子が、お兄ちゃんお姉ちゃんになっていたり、子どもたちの成長を感じます。

そして、それに伴ない、子どもたちのさつまいも掘りが、年々名人級に。

全く教えなくても、どんどん掘っていく子どもたち。

スコップを使わずに、両手で掘っていく、ちびっ子モグラも続出です。

服もあまり汚さずに掘っていました。大人より、上手(^^;)

 

飯地の子たち、保育園や小学校でさつまいも畑を作っていたり、家でもさつまいもを作っている子もいるので、1シーズンで2、3回サツマイモ掘りしています。

それは、上手になるはずだ。

 

 

 

今年もこんなに良いおイモがついていました。

豊作。

 

 

中にはこんな、サツマイモも。

モグラとイタチさん!?

 

 

 

そして、このさつまいもを、お父さんたちが早速、焼き芋にしてくれました。

洗ったおイモを、こどもたちが水で湿らせた新聞紙でくるんで、ホイルでくるんで、お父さんに渡します。

お父さんが焚火に入れてくれました。

安納芋の焼き芋、最高に甘い。

 

 

 

 

そして、お母さんたちが、美味しいスイートポテトに♡

しっとりとして、こちらも美味。

 

 

 

圧巻の、スイートポテト!

 

 

 

そして、子どもたちが、飯地町でとれた美味しい新米の「天空米」をおにぎりにしてくれました。

小さい子も大きい子も、エプロンをつけて、ラップの上にご飯をのせて、塩をふって、三角や丸ににぎって、海苔をまいて。

自分の食べる分と、お父さんやお母さんたちの分も作ってくれました。

お父さんやお母さんたちの分は、梅干しや昆布をいれて。

席に着くと、娘が作ってくれたおにぎりがおいてありました。

娘に作ってもらって初めてのおにぎり、塩味がしっかりきいて、とても美味しいおむすびでした。

 

他にも、さつまいも入りの豚汁、さつま汁も添えて。

 

 

少し肌寒かったので、さつま汁を口にした瞬間、「美味しい~」の声があがります。

ふだん、野菜をあまり食べない子も、この日のさつま汁は沢山食べていたようです。

皆で、一緒に調理して、大鍋で、皆で食べるご飯は、本当に何ともいえず格別な味になるのが、不思議です。

何とも幸せな時間でした。

娘は、家に帰ってからも、「塩むすびをたべる!」と自分でおにぎりを作って食べていました。

 

 

今回のイベントには、移住見学の方も2組、参加して頂きました。

子どもたち同士、馴染んで仲良く外で元気よく遊んでいて、とても微笑ましい光景でした。

 

飯地町では、月に一回程度、「いいじひとなる会」というサークルが子ども向けのイベントをおこなっています。

町外の親子の方も、移住希望の方も、気軽に参加して頂ける雰囲気になっています。

町の雰囲気がみてみたいという方、是非、イベントに遊びにいらしてくださいね。

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL
< カテゴリーの一覧へ戻る